スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタの季節がやってきた

『鏡花夜想曲』からすっかりブログがご無沙汰してしまいましたが、
(しすぎですね)
今年のオフィス櫻華は朗読劇一本では終わりません!
なんと、クリスマスにもう一本!
それも、満を持してお送りする本公演がございます!

その名も『サンタがくれた季節』
なんとこの作品、主宰の海野が長年温めて物語なのです。
それだけに、思い入れも確実というもの。
それが、これ以上ないほど心強い仲間を得て、
ついに形になるのです(パチパチ)

そんな本作品、どんな舞台かというと、
なんと「サンタクロース」が実在する世界!
(ここで何の疑問を抱かなかった心の澄んだ方は、
以下何行かを読み飛ばしてください)
とはいっても、みんなはそのことを信じていません。
当たり前です。誰もその姿を見たことがないわけですから。
でも、いるんです。
まるでスパイのように、決して人間にばれないよう、
サンタは不幸な人達を幸せにして回っているんです♪

物語は、片想い一直線、返ってくる予定なしの、
ちょっと切ない主人公みどり(♂)が、
そんなサンタとして働かされる羽目になるところから始まります。
そして、彼が幸せにする人こそ、
片想いの君、かなえなのでした。
ところがどっこい、彼女にはもう彼氏が。
あろうことかみどりは、かなえと彼氏を幸せにするために、
ばれないように働くという憂き目にあうことに…

はてさて、物語がどんな展開を見せるのかは見てのお楽しみ。
こちらのブログでは今後、
どんな素敵な役者さんたちが出演しているかご紹介していく予定です。
興味を持ったら、ぜひご来場くださいませ!
↓詳しくはこちらから。




http://www.geocities.jp/officeouka/stage.html
スポンサーサイト

活動再開いたしました!

みなさま、長らくご無沙汰しております。オフィス櫻華でございます。
前回公演から約1年、ようやく次回公演が決まりました!
(よ!どんどんパフパフ♪)

それも今回は初めての非オリジナル作品。
主宰海野のこよなく愛する泉鏡花先生の作品に挑みます!
その名も『鏡花夜想曲』。
(詳しくはHPの公演詳細をご覧ください。
せっかくのブログでは違うことを書きますので)

それもただ鏡花先生の作品をやるのではなく、
朗読劇という!われわれオフィス櫻華は、
演劇団体であるにもかかわらず何故か旗揚げ公演が朗読劇という、
一風変わった劇団ではございますが、
このたび久方ぶりに朗読劇に挑むこととあいなりました。

というのも、朗読劇ってあまりご覧になったことがある方がいない、
なんとも切ない演劇ジャンルなんでございます。
そんな朗読劇の面白さをいっちょ、伝えられたらというのも、
今回の大きな目標の一つなんですね。

しかしそうはいっても、演劇だから役者さんが大事。
これがよくなければお芝居は面白くなりません。
毎回ステキな役者さんにご出演していただいておりますが、
今回もまた、ステキな方をお迎えしてお送りいたします。
どなたかたと申しますと、
昨今飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している劇団、
声を出すと気持ちいいの会から、
その存在感と誠実さで鳴らす好漢、
石綿大夢氏でございます!
そして、彼だけではありません。
今回はなんと、朗読に篠笛の伴奏がつくんです!
未だかつてあっただろうか、こんな作品が!
と大言壮語したくなりますね。
そしてその篠笛演奏に香川良子氏をお迎えしました!
この香川さん、審査が厳しいことで有名なパリの地下鉄で、
篠笛による路上ライブを行っていたり、
各地のイベントやお祭りにも引っ張りだこ、
しかも美人という言うことナシの凄い方!
こんな強力なゲストをお迎えしておくる
鏡花夜想曲』、必ずや面白いものになりますので、
どうかご期待ください!

そして、今回の活動再開に際し、
HPをリニューアルいたしました!
毎回チラシイラストでお世話になっておりますイラストレータ、
トホガエル先生のステキなロゴマークが加わりました。
どうか新しいうちの黒猫共々、
よろしくお願いいたします!


海野広雄

移ろいゆく景色

演出のつれづれなる日記その24。

先日、歌舞伎町を歩いていて、ふと美味しいハンバーガーが食べたくなり、
映画館の一階のモスバーガーへ。
…が、そこにあったはずのモスバーガーは、跡形もなく消えているのです。
まさかの展開に驚きつつ、仕方がないので西武線の方へ。
バーガーキングにしようと思ったら、なんとバーガーキングも閉店している!
さすがにマックに入ったら敗北感を味わいそうなので、その日はハンバーガー諦めました。


何も東京だけに限った話ではないですが、東京は気がつくところころお店が変わりますね。
あると思っていたお店が、いつの間にか閉店して違う店になっていることがよくあります。
もっとも、東京だと別テナントが入るからいいですが、
田舎だとそのまま何もなくなってしまうことが多々あります。

特に歌舞伎町のあたりは本当にひどくて、
コマ劇場が無くなってからは、まるで歌舞伎町の灯そのものが消えつつあるかのように、
コマの上にあった映画館、その斜向かいにあった映画館、
コの字型に向かい合っていた映画館のうちの2館と、たった一つを残して映画館が全滅してしまいました。
どこも後が何も入らず、結果的にめっきり足を運ばないエリアになってしまいました。
どこの映画館もコマもアプルも思い出があるだけに、こういうことは哀しいですね。
なるべくなら、町にはあまり変化が起こらないでほしい。

でも、無くなったものばかり惜しむようになって、
新しくできたものを喜ばないようになったら、なんだかおしまいのような気もします。
前を向かなきゃ、なりません。常に。
ノスタルジーを頼りに歩き出したら、それはもう前には進んでいないでしょうから。


おしまい

片付けも、打ち上げも全て終了し、ついに公演も終わりです。
あいにくの大雨でしたが、沢山の方にご来場いただき、
まことにありがとうございました。
また新しい物語をもって、改めてお客様とお会いできることを楽しみにしております。
ありがとうございました。

テレビ

演出の報告書23。
すっかりご無沙汰してしまいました汗

つまる話、毎日が忙しすぎてなかなか更新できないわけです。
あぁ、なんということでしょう。世の中ではこれを怠慢といいます。

毎日集中稽古で役者さんともども頑張っておりますが、
さて昨日は劇団としてちょっと面白い試みをいたしました。

というのも、TVに出てきたのです。
知り合いの劇団さんの紹介で、
BSブランチの「演劇対決」というコーナーに出演してきました。
90秒、二つの劇団がそれぞれの色を生かした芝居をして、
面白かった方が60秒PRする、という企画です。

失礼な話ながら、海野はBSブランチという番組を知りませんでした。
(というか、海野はTVを見ません。信用していないので)
とはいえ、せっかくのメディア流出露出のチャンス。
いっちょやってみるか、という感じで出演してきました。
うちの女優陣二人を連れて行ったのですが、さて結果はどうなったでしょうか?
それは見てのお楽しみ、ということで。

放送日は7月3日だとか。また改めて告知いたしますが、
ご興味ある方はぜひ見てみてください。
プロフィール

オフィス櫻華

Author:オフィス櫻華
明治大学内の劇団『夢幻舞台』のOBによって旗揚げ。
人間心理を深くえぐるような作品の多い小劇場界の中、
あえて「ロマンティック」と「ドラマティック」を旗印に
詩的な言葉をまぶした愛と夢のせつない物語を贈り続ける純情派劇団。
青が好き。

カウントダウン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。