スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう古谷さん

日暮硯に向かうその6。

日曜日。昼間晴れていると、なんだか洋楽、それもポップなやつを聞きたくなります。
(書き込みは深夜ですが、まぁ昼間だと脳内補完してください。)
体の中の「遊びたいぜ」菌たちが訴えかもしてくるんだと思います。
(その菌はきっとほっぺたにばんそうこうとか貼ってる菌だと思う)

洋楽って、何かきっかけがないと聞き出しませんよね。
好きな人が洋楽好きだったりとか(きゃっ)

海野の場合はラジオでした。
中学の頃、海野はラジオが大事なお友達でした。
お年玉で買った携帯ラジオは日々の生活に必要なもの。
それで聞いていたラジオ番組たち。
とりわけ印象に残っているのが、FMヨコハマで放送していた「スーパーステーション」という番組。
古谷=アムロ=徹氏がパーソナリティーで、
氏のトーク→寸劇(一人芝居)→洋楽→トーク
という感じで進む番組でした。
古谷=飛雄馬=徹氏の含蓄に富んだトークも面白かったのですが、
とりわけ合間に挟まれる寸劇が面白い。


日石がスポンサーだっただけあって、アメリカ大陸を車で旅行する、という寸劇なんです。
ドライバーのトオルが相棒のジョンと車に乗って、アメリカをドライブ。
その道中を古谷=星矢=徹氏が一人芝居で演じるのです(二重言い回し)。

でまた、毎度その雰囲気にあった洋楽が流れるんです。
何曲かかけるとアーティストと曲名を言うので、気に入った曲を必死にメモしたものです。
今思えば、「音楽」と「芝居」と「アメリカ」と「旅」と、
自分の好きなものが沢山つまってたから大好きな番組だったんだな、と思います。
そんな番組も、高校の時に放送終了。
いてもたってもいられなくて、最終回に長い手紙を書いたのは、若かった過去。

そんなわけで、洋楽の素敵さ、沢山教えてくれたのは、
海野にとっては古谷=ユン・ピョウ=徹氏だったのでした。
当時は声優さんが喋ってるラジオを片っ端から聞いていて、
思いもよらぬことから新しいことを学んでいたものです。

意外とそんなものですよね、新しいことに出会うのは。
スポンサーサイト

わが町

110130_0057_01.jpg
つれづれなるままに更新その5。今日はいい芝居観劇してきました。

『わが町』
作 ソーントン・ワイルダー
演出 宮田慶子
@新国立劇場

まず、①『わが町』を小堺さん(個人的にはやはりむっくんと言った方がしっくりくる)主演で、
②フライヤー写真が本条直季(大好き)、
③そのデザインがグッドデザインカンパニー、
この三要素でずばっとチケット取りました。

内容もとても良かったですよ。
もともと好きな戯曲ですが、さらにすごく全体的に「優しい」感じが溢れていた演出で、シンプルながらぐっときました。
演じられているものは初めて見ましたが、
描かれている「死を迎えることで初めて気がつく、なんでもない日々の素敵さ」みたいなのを直感的にぐっと感じられる演出でした。そこまでに至る何でもないような出来事を本当に丁寧に描いていくんですもの。
それを神視点で見つめる役が小堺さん。
性善説の固まりみたいなむっくんがやるから、いいんだよなぁ。
彼の動きに合わせてかちっかちっと変わっていく照明が心地よい。

ただ、あんまりのどかであったかいシーンの連続で、時折意識が飛びそうになりましたが…

3月には文学座が音楽劇としてやるそうで。うちの仲良し粟野さんが出演してるし、また見ようかな。

DVDあれこれ

ちまちまブログを更新しよう企画その4(毎回名前が違う気がしますが)

ども。主宰の海野です。

海野の暇つぶしの第一手段はウインドウショッピング。
主に本屋さんとビデオ屋さんです。ウインドウがない店ばかりです。
暇つぶしというか、毎日行かないとおちつきません。
明らかに病気です。毎日本屋は3~4軒は行きます。

何をするかというと、まず新しく出たもののチェックです。
場合によっては、そのままお買い物に。

ただ、毎日巡っていると、そうそう新しいものは並びません。雑誌くらいですね。
だから、新作のありがたみが増すのです!

…あれ、この感覚理解されないかしら?

ただそれ以上の楽しみといえば「こんなもの出たんだ」という面白さ。
特にDVDなんかは、もう目ぼしいものは出尽くしたので、
たまに出る新しいもの(これややこしいんですが、新作ではなく、
昔のものを新しく商品にしたもの)が出ると面白い。
雑誌やアマゾンで大体の新商品は把握しているのですが(してるのか)、
最近はその網の目をかいくぐってひっそりと発売している商品が多くて、
楽しい思いをしてるわけです。
(もっともこれ、大きい店回ってないとそもそも物がないんですけど…)

唐突に、その最近の面白いものをチェック♪
まずこれ。
知り井

「シリー・シンフォニーVol.2」
ディズニー初期の短編アニメを限定版で出し続けている「ディズニー・レジェンド」シリーズの新作。
今まで出た同シリーズは全部買ったのですが(買ったのか)、
買い集めた時に一番苦労したタイトルがこの「シリー・シンフォニー」。限定5000枚!
これはミッキーの短編とか作ってた時代(ピノキオとかの前。30年代)に作られた、
音楽に合わせて物語が進むアニメのシリーズの総称です。「ファンタジア」の元と思えばわかるかな?
ディズニーランドにいる3匹の子豚なんかがこのシリーズなんです。
今回はなんとその2巻が出る!同時に苦労して買った1巻が再販する(がーん)!
1が傑作選だったので、そこからもれたのが収録されてるはずで、
面白さは1に劣るけど、やっぱり買っちゃうんだろうなぁ…

炎

次。
「炎の犬」
まさかこんなものがビデオ化するとは!あきらかに安っぽいパッケージでメーカも知らない!
よくある「まともな商売になっているとは思えない商品」シリーズですよ(勝手に命名)。
でもこのパッケ見てこのドラマが子供と犬の話だと知りました。
内容も知らないくせに何で知ってたかというと、この主題歌が名曲だからなんですよ!
主題歌だけはわりとヘビーローテーションソングなのです。
刑事ものが沢山入ってるコンピに入ってたから刑事ものだと思ってたよ!しかも松田洋治じゃん!
しかしいったいどれくらい売れているのかしら…

じぇ未

次。
「地上最強の美女 バイオニック・ジェミー」
つい最近「600万ドルの男」がDVD出ましたが、そのドラマのスピンオフ作品。
放送当時は人気があったんだよ!知らない人はお父さんお母さんに聞いてみなさい!
そう、何に驚いたって、こっちがDVD化したことは全然話題にならなかったんです。
メーカーさん売る気なさすぎ。広告を見た覚えが無い。
まぁ、何でも見られる環境にあるのはいいことですよねー。


と、まぁこんな発見を日々できるから楽しいわけです、ショッピング。
完全に脱線しましたが。
つうかただのおたく記事じゃん。
無駄買い大王海野でした。


去年見たお芝居

地道に更新していこう企画その3。

海野です。
戯れに去年一年間で見た芝居を列挙してみます。
こうしてみると露骨に忙しかったき時期が判明しますね。
感想としては23勝17敗6分。費用対効果を考えてです。
知人の芝居が中心になって、見たい芝居を逆に見逃してた感じ。
今年は勝率が上がるといいなぁ。
実際は何本か抜けてるかも。

1月
黒色綺譚カナリア派第11回公演『雨を乞わぬ人』@中野ザ・ポケット
2月
劇団21世紀FOX第64回公演『独立サッカリン部隊』@新宿スペース107
3月
弾丸MAMAER3月公演『喪服の時間』@なかのZERO小ホール
演劇集団キャラメルボックス25th①『南十字星駅で』@なかのZERO大ホール
同『ミス・ダンデライオン』@サンシャイン劇場
夢幻舞台第7期卒業公演『111-セヴン-』@明大駿河台校舎アートスタジオ
文学座公演『女の一生』@俳優座劇場
『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』@青山劇場
4月
進戯団夢命クラシックス#9『雅孝とクダンの奇妙な夜』@シアターモリエール
箱庭円舞曲第14楽章『とりあえず寝る女』@下北沢駅前劇場
劇団アシュラ旗揚げ公演『真久部卓の生活』@テアトルBONBON
5月
劇団NICHICA『Sign』@日暮里d-倉庫
きせかえできるねこちゃん『芥川龍之介作品集#2 朱儒の言葉』@明大和泉005教室
演劇集団キャラメルボックス25th②『Bye Bye Blackbird』@サンシャイン劇場
夢幻舞台春公演『恋愛の神様』@明大和泉地下アトリエ
Depend on others『Gloomy Pleasure Ground』@明大駿河台校舎アートスタジオ
柿食う客第16回公演『露出狂』@王子小劇場
犬と串case.4『暴くな』@早大大隈講堂裏劇研アトリエ
US-PR第2回公演『テルコ組曲』@明大和泉005教室
6月
ジエン社第5回公演『クセナキスキス』@日暮里d-倉庫
ジョン・ケアード版『キャンディード』@帝国劇場
劇団S.A.R2010年夏場所『劇場版 東方神機ゴウケーン』@北池袋新生館
7月
劇団21世紀FOX第65回公演『南の島に星がふる』@新宿スペース107
演劇集団キャラメルボックス25th③『また逢おうと竜馬は言った』@サンシャイン劇場
feblaboXエビス駅前バープロデュース『エーデルワイス』@エビス駅前バー
8月
第14回浦和歌唱劇『暁の星』@川口リリア
9月
空の井戸vol.1『時の崖』@東中野レンタルスペース
劇団エリザベスxブルーノプロデュース『クララ症候群』@タイニィ・アリス
笛田宇一郎演劇事務所+遊糸舎公演『マクベス』@アララ・カララ
K-BOX COMPANY Vol.2『ミス・ダンデライオン』@遊空間がざびぃ
10月
空間劇場Vol.9『水屑の果て』@武蔵野芸能劇場
ProjectBUNGAKU『太宰治』@八幡山ワーサルシアター
演劇集団キャラメルボックス『シラノ・ド・ベルジュラック』@俳優座劇場
Three Quarter第9回公演『新撰組~幕末鎮魂歌~』@中野ウエストエンドスタジオ
夢幻舞台秋公演『恋人は優しい瞳をして』@中野スタジオあくとれ
T-FACTORY『新宿八犬伝 第五巻』@新宿FACE
Egofilter 4thjob『ケイジ/LIFESHARE』@ゴールデン街劇場
ヤサグレーターズ第5回公演『宇宙喫茶アポロ』@明石スタジオ
11月
ロストキッズプロデュース公演Vol.20『酒呑童子』@中野区民ホール
明治大学文化プロジェクト第7回公演『夏の夜の夢』@明大アカデミーコモン
演劇集団声を出すと気持ちいいの会番外公演『覗き絡繰』@明大駿河台校舎演劇スタジオB
12月
犬と串case.5『ZOMBIE』@早大大隈講堂裏劇研アトリエ
国道五十八号戦線『国道五十八号戦線異状アリ』@サンモールスタジオ
演劇集団キャラメルボックス25th④『サンタクロースが歌ってくれた』@サンシャイン劇場
青二塾卒業公演『明日への翔き/魔女のキッス』@前進座劇場
touch my brassiere?company『My name is rolling stone』@劇場MOMO
ブロードウェイミュージカル『アベニューQ』@東京国際フォーラム
『姉妹物語/天使がついた嘘/壜の中のラブソング』@ワニズホール

 

衣裳あれこれ

ちょこっと更新していこうシリーズその2。

紀伊国屋ホールの前を通ったら竹田団吾展やっていたので覗く。

新感線さんの衣裳をやってられる方ですね。
個人的には押井作品の衣裳が展示されててテンションだだ上がり。
つうか着たい!ああいう服着たい!
ああいうぶっとんだ服を着る瞬間こそ役者やってて楽しい瞬間である(断言)。
まぁもう役者やりませんけども。

一貫して、名は体を現すというか、体がキャラを現す、
つまり服見ただけでそのキャラがどんな奴かばしっとわかる衣裳でした。
新感線さんみたいなお芝居の衣裳だとそういうことがすごく大事なのかも。

ちなみに会場に竹田さんらしき方がいらっしゃいました。
会場限定Tシャツ売ってました。かなりイカすデザインでした。買いませんでしたけど。
うちの魔法少女にオススメです。

ただ、展示されていた衣裳で一番好きな服には、
「デザイン:桂正和」と書いてありました。あれれ…

いろいろアニメ

せっかくのブログなので気づかれないようにこちょこちょと更新していこう企画その1。

演出の海野です。
最近はお芝居の仕事もなく(涙)もっぱらバイト戦士と成り果てています海野です。
次回公演の脚本を執筆するくらいが主な仕事(いまのところ)。

んさて。
わたしはおうちで脚本が書けません。理由は集中できないから。
もっぱら喫茶店か図書館で書いているのですが、ではどうして集中できないか。

おうちですることはインプット作業なのですよ。
インプットって何かって?
具体的には映画見たり本や漫画読んだりゲームしたりです。
最近は夜おうちにいるので、今がチャンスとばかりに録りためておいたアニメを見まくってます!

はい、タイトルに戻りました。
最近まとめて「テガミバチ」「ぬらりひょんの孫」「RAINBOW」「こばと。」「ヒーローマン」「トランスフォーマー アニメイテッド」「フリージング」「レベルE」「四畳半神話大系」そしてなぜか「新世紀GPサイバーフォーミュラ11」という、ね。暇人ですね。まだ「屍鬼」とか「東京マグニチュード8.0」とかあるんですけども。
で、「四畳半神話大系」が面白すぎる。さすが湯浅さん。センス良すぎ。
「カイバ」とか「マインド・ゲーム」はちょっとぶっとび過ぎてたけど、今回ほどよくわかりやすいですね。
前頭葉とか後頭葉とかが円卓で会議しているシーンが面白すぎです。どんなシーンだよ!

もう2次元の会話はいいって?でもこんな「いいなっ」っていう瞬間が、脚本のヒントになるのです。(おい)
つまり、坂本真綾さまの明石さんですよ。

こんなしょーもない記事でいいのかしら?いいのか。
プロフィール

オフィス櫻華

Author:オフィス櫻華
明治大学内の劇団『夢幻舞台』のOBによって旗揚げ。
人間心理を深くえぐるような作品の多い小劇場界の中、
あえて「ロマンティック」と「ドラマティック」を旗印に
詩的な言葉をまぶした愛と夢のせつない物語を贈り続ける純情派劇団。
青が好き。

カウントダウン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。