スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のコラム(編集長ルキオ)

毎日暑いですね。
編集長です。
変酋長ではないです。
だいたい合ってますが。ってこらー!

初ブログ、ですね。
ま、編集長はあとがきくらいしか書かないもんなんでね。
文章はあまり書かないんですよ。

まぁ編集長になる前はよく文章を書いていたもんですが
なにぶん、長々書いちまう体質でね。
今日はさっと書きますよ。


本日は2回目の通しだったわけで
前回に比べて、主に感情が繋がって、大きくなった人が多かったのではないでしょうか。

通しを経た時期って、何かこう、本気スイッチがカチッと入った感じがしますよね。
それまで本気じゃなかったのかよ、と言われそうですが
もちろんそういう意味ではなく。


本気になれるものって、特に僕らくらいの年齢になってしまったら、なかなかないと思うんです。
その中の一つが芝居、というものであって、何処までもどこまでも突き進んでいけるものなんですよね。

ただ、自分の出せる本当の本気って、今の状態のさらに3歩先くらいだと思うんです。
この本番直前のこの時期に見えてきた世界のなかで
気持ちが生まれたり、誰かの気持ちが伝わったり、その先にまだ踏み出せる3歩が見えたら
そこに踏み出したいと思えたら、きっと今自分はこの芝居に本気なんだ!
そんな風に思えるのです。


はい。
こんな文章になっちゃうわけなんですよ。
はっはー、ちゃんちゃらおかしいね!


そんなわけでこの芝居、まだまだアツくなりますよ。


そういえば先日、ケータイに付けていた幸運を呼ぶフクロウが
音もなく崩れ去りました。
ガラス細工のストラップだったんですけど
どこかにぶつけた覚えもなく
ポケットの中で、見るも無残な姿に…。

きっと僕に降りかかる災厄から守ってくれたに違いない…!
稽古で疲れても、憑かれないでね。
厄に負けるな!役に負けるな!


お後がよろしいようで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス櫻華

Author:オフィス櫻華
明治大学内の劇団『夢幻舞台』のOBによって旗揚げ。
人間心理を深くえぐるような作品の多い小劇場界の中、
あえて「ロマンティック」と「ドラマティック」を旗印に
詩的な言葉をまぶした愛と夢のせつない物語を贈り続ける純情派劇団。
青が好き。

カウントダウン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。