スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の聴き方

演出家の日記その18。

稽古は順調に進んでおります。

・・・とは言い難く。ちょっと大きな問題が起きましたが、
少しずつ、だが確実に解決をしております。
遅ればせながら、まもなく予約関係も整いますのでしばしお待ちください。

さて。先日またライブに行ってきました。
月イチの不思議少女のライブです(不思議少女が誰かって?いるのだよそういう子が)。
彼女のおかげで、ライブハウスに行く、という行動が海野の中で確実にパターン認識されてきました。
もとよりできることなら毎晩でも違うところで違うことをしていたい子なので、
時々こういうところで夜を過ごすのは楽しいのです。
一人暮らし始めたら絶対ああいう間接照明だけの部屋にして、
カクテル飲みながら読書に耽るんだ。

脱線。ライブに通うようになって、ふとあることを思ったのです。
それは音楽の聴き方。
音楽鑑賞って、いつのまにか当たり前のように「録音されたものを聴く行為」になってるなって。
それはCDでもいいし、PCでも何でもいいんだけど、音楽を聴くっていう一番ベーシックなパターンが、
無意識のうちにその行為になっていたことに気がついて驚愕したのです。
音楽っていうのは、誰かが楽器を演奏することでできるもの(おおざっぱに言って)。
歌なんかもっとそうですね。
ということは、生で誰かが楽器を演奏している、生で誰かが歌っているのを聴くのが、
もっとも当たり前のことであるはず。
それはまぁ芝居でも何でも元はそうなんですが、一度音楽という形に変換されている分、
それに気がつきにくくなってるなとはたと気がついたのです。

それに気がついてから、ますますライブハウスに行くのが楽しくなってきました。
そこには常に表現者がいるんです。


さてさて私信。(いや全部私信だろ)
わたくし海野、このたびブログを開設いたしました。
…いやあの、本当言うと凍結してたブログに春を呼び込んだだけなんですが…(汗)
新しく開こうかとも思ったのですが、あえて前のから繋いでみました。
前書いてた時よりもちったぁ名前が広まっているわけで、
ここは一つ時流に乗ってみようかとまた再開した次第です。(その時流はいつのだか)
こちらは基本的に、海野が日々鑑賞した数多ある作品の感想を中心としております。
基本マイナー指向なので、覗いていただくと新たな発見があるやもです。
よろしくお願いいたします。

こちら↓
http://yaplog.jp/uminomegoo/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス櫻華

Author:オフィス櫻華
明治大学内の劇団『夢幻舞台』のOBによって旗揚げ。
人間心理を深くえぐるような作品の多い小劇場界の中、
あえて「ロマンティック」と「ドラマティック」を旗印に
詩的な言葉をまぶした愛と夢のせつない物語を贈り続ける純情派劇団。
青が好き。

カウントダウン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。